ケノンの美顔器は効果なし?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ケノンの美顔器は効果なし?フォトフェイシャルが自宅でできる

ケノンはムダ毛を脱毛できる家庭用脱毛器ですが、
美顔器としても使える有能な商品です。

 

女性にとってムダ毛は不要なものですし、
お肌の綺麗さも気になる…。

 

その両方が解決するケノンってスゴイですよね。
これは私が感じていることですが、
ケノンの美顔器としての実力はスゴイです。

 

そこでこのページでは、
ケノンの美顔機能としての実力をまとめてみました。

 

 

ケノンでお肌ツヤツヤになる?

 

ケノンの美顔器はおウチで何回でも行える
フォトフェイシャルシステムが備わっている美顔器です。

 

フォトフェイシャルは光(IPL)を使って、
肌の新陳代謝を促して美肌へと導く作用があります。
代表的な効果として以下のようなことが期待できます。

 

  • シミ
  • くすみ
  • そばかす
  • たるみ
  • にきび
  • 毛穴の開き

 

 

何故これらのことに効果が期待できるかと言うと、
光によって新陳代謝が活発になり、
ターンオーバーが正常に行われるようになるから。

 

例えばニキビの場合は、
光によりアクネ菌などの雑菌を殺菌し、
皮脂の過剰分泌を抑制する効果があるからです。

 

皮膚科などでも光を使った治療方法がありますが、
あれと同じような意味ですね。

 

皮膚科だと治療費がかかりますし、
何より通わなくてはいけないので時間がかかります。

 

 

また光には、たるみやハリ、弾力に関係する
繊維芽細胞を活性化させてコラーゲン生成を促し、
お肌の悩みであるほうれい線や小じわなどの改善が期待できます。

 

 

こうして考えるとエステや美容皮膚科で行われる
フォトフェイシャルを自宅で行えるってことですよね。

 

もちろん美容皮膚科などのレーザー治療にはかないませんが、
エステ級のお手入れなら近いものが得られると思います。

 

 

ケノンの美顔機能を使った人の感想

 

ケノンの美顔機能は本当に効果があるのでしょうか?
実際に使った方の代表的な感想を集めてみました。

 

 

  • お肌にハリが出た
  • くすみが取れた気がする
  • ニキビが改善した
  • メイクノリがよくなった
  • 化粧崩れが少なくなった
  • 皮脂が少なくなった
  • 乾燥しなくなった

 

 

これらは一部ですが、
多くの方がこのような効果を感じているようです。

 

私が一番感じたのは、翌朝のメイクのノリですね。
なんというか肌にハリが出てる気がします。

 

こういう嬉しい機能があるからこそ、
ケノンは今でも売れ続けているのかなーと思いますね。

 

私も実際購入して使うまでは、
正直この美顔機能には期待してなかったのですが、
使ってみて「あぁこのことね」ってのがわかりました。

 

ま、美顔なんて自己満足でしょって言われそうですが、
肌がキレイになって毎日テンション上がって、
気分良く過ごせるなら全然ありですよね♪

 

 

ケノンを美顔器として使う方法

 

ケノンの美顔機能を使う方法はとっても簡単です。

 

  1. メークを落とす
  2. カートリッジを美顔スキンケア用に交換する
  3. 使用前に保冷剤で肌を冷やす
  4. 照射レベルを調整する
  5. 照射する
  6. 使用後も保冷剤で肌を冷やす
  7. 化粧水等で保湿する

 

 

これだけです。
コツはいりません。

 

ただ照射レベルだけは気をつけてください。
お肌が敏感な方はレベル1から徐々に上げていき、
痛くない程度で照射することがポイントです。

 

自動モードにすると連射になります。
私はいつもこの連射モードにしています。

 

連射モードにすると10連射機能になり、
光がパパパパパパパパパパという感じで照射されます。
一つの光が10分割されているというイメージです。

 

 

使う頻度は2週間に一度がベスト。
何でもそうですがやりすぎは逆効果になります。

 

最後に注意点をまとめておきますね!

 

 

必ず肌を冷やしてから照射する
目の周りに照射しない
使用頻度は2週間に一度
同じところに何度も照射しない
脱毛と美顔は別の日にする
サングラスをかける

 

 

顔脱毛と美顔は同じ日にしないようにしてください。
これは肌への負担が大きすぎます。

 

脱毛も2週間に一度がベストですので、
美顔とのスケジュールに合わせて、
交互にやっていくといいですよ!

 

 

お肌がキレイになるのって楽しいですよね!
毎日メイクする時にテンションあがりますし、
会社でたまに肌を褒められることもあります。

 

こういう毎日の積み重ねが女性としての美しさの秘訣かな。

 

 

 

page top